So-net無料ブログ作成
都立高校生活 ブログトップ
前の5件 | -

夏期講習。 [都立高校生活]

これまでに書きましたとおり、うちの高2生はこの春から某大学受験塾・予備校に通い始め、夏期講習もいくつかの講座を受講しています(予定を含む)。加えて、前回記事(2019-06-30)に書いたとおり秋の各種行事に向けた準備なども昨年以上に大変ではあるようで、そのための外出や自宅での作業時間 もそれなりにあり、ヒマ~という感じではありません。

でもですね、、、高2になったら夏休みの課題の量はこれまでと比較すると激減しているようで、ど~も学業面では親どもの目から見るとユルユルな感じです [ふらふら] これでいいのだろうか。大学入試までもう1年半程なんですよね。たぶん、課題(宿題)の量が少ないのも「各自、それぞれの弱点克服などに自主的に取り組むため」なのだと思うのです。うちの子はそのことを認識しているのだろうか…? 家での空き時間の過ごし方を見ているととっても不安になりますね。

一応、本人も 6月に受けた某模試で第一志望はB判定だったことを受けて「今までの取り組み方(態度)ではまずいんだな」ということは認識したようですが、「それならもうちょっと頑張れよ…」と思ってしまう親どもなのでした。もう、何も言いませんけどね。本人が「わかっている」というのだから。。。(そもそも自身を振り返っても高2の夏なんてボケ~っと過ごしていましたしね [わーい(嬉しい顔)]

ともあれ、貴重な夏休みを「来年後悔することがないように」大切に過ごして欲しいと願うばかりです。(余計なお世話なんですけどね [爆弾]



中高一貫教育ランキング

大学受験ランキング



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

夏期休暇の過ごし方 [都立高校生活]

まだ "期末テスト" 前なんですけれども。。。(^_^ゞ

先日、うちの子がこの春から通っている "某大学受験塾・予備校" の保護者会がありました。
なんといっても初めての新共通テスト学年ですから、それなりに "期待" をもって参加したのですが、う~ん、なんだかちょっと期待はずれでした。。。(^o^;; が、高2の夏休みの過ごし方については、なかなかに得るものがありました。 まぁ、そうはいってもここまで来ると何事も本人次第なわけですけどね [わーい(嬉しい顔)]

中間テスト後の 担任の先生との 個人面談 を経て "それなりに" ヤル気を引き出されているうちの都立高2年生、(残念ながら) 限られた予算内で受講する講座をすでに心に決めているようです。う~ん、本当に有効活用できるのかなぁ。。。? 秋の学校行事に向けた活動などもあるので(昨年の状況を考えると)なかなか大変そうなんですけど。

と、なんだかよくわからない書き方しかできないのですけれども、これは 4年前に([exclamation]) このブログを始めたころには想像もできなかったような贅沢な悩みなわけでありまして、とても充実していた中1~高1までの4年間を振り返って「本当にこの学校に入学できてよかったなぁ」とあらためて想っている今日この頃なのでありました…



中高一貫教育ランキング

大学受験ランキング



nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

大学受験への備え。 [都立高校生活]

う~ん、随分更新間隔が開いてしまいました [ふらふら]
その間に某先輩ブログさんが "最終回" を迎えられたりして、自分も「このままフェードアウトしてしまおうか…」と思ったりもしましたが [あせあせ(飛び散る汗)] 一応、タイトル通り(上の子が)都立中高一貫校生の間は続けていこうとあらためて想い直しているところであります (^_^;;;;

そういえば、その間にはうちの子が中一だったころの記事(2015-10-14)に今年都立中高一貫校に入学された生徒さんの保護者の方からコメントをいただいて、長~い返信をしたりもしていたんでした。。。その後いかが過ごされているのかな~ なんて気になったりもして。。。

それはともかく、学校によって週単位で時期がずれていたりはするようですが、概ね各学年最初の定期テストは終わったころでしょうかね?? もううちの子の "成績" は書かないでおこうと思いますが(現時点では結果は出ていません)、大切なのは各回の結果を冷静に受け止めて、へこたれる ことなく、次に向かって歩を進めることだ と思います。優秀な生徒さんが集まっているわけなので学年内のポジションで「よしよし、やったぜ。」なんて思えることはそうそうないんですよね。たぶん、みんな「くっそ~」と思っているはずです。自分のポテンシャルを信じて 次 に向けて できる範囲で頑張りましょう。うちの子は、そうやって "生き延びて" きました。最近知った事実としては「中学時代は下位2割にいたけれどなぜか高校生になって成績が伸びて今は "超難関"国立大にいる(現役合格)」という先輩もいらっしゃるとか。。。それだけのポテンシャルはほとんどの都立中高一貫校生が持っているのだと思います。(ただの希望的観測ではなくて実感として)

と前置きが長くなりましたが、ここから本題!

ず~っと超マイペースで好きなことを好きなようにやり "勉強" はそれなりだったうちの都立高2年生、この4月から某大学受験対策塾/予備校 に通い始めました。幸い高1時に受けた "模試" の結果によって希望のコースに入れたので… 我が家の計画的には「高2までは塾なしで」と思っていましたので、家計的にはイタイところではあるのですが、本人も自覚している苦手科目について「早めに対策したい」ということでギリギリのやり繰りの上で通うことを認めました。(一教科のみ、週一回。時間数の割に料金はリーズナブル)

まぁね、うちの子の学年から「新方式」になるわけで、早めに "関係" を構築することで(無料のプロモーション(販促)的なものに加えて)得られる情報もあるだろう、ということで他の出費を削りつつの投資です。1年と8~10か月後に、本人が望む最善の進路に進めるようにできる限りのサポートをしていきたいと思います。



大学受験ランキング

中高一貫教育ランキング


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

大学受験。 [都立高校生活]

うちの子が通う学校でも卒業式があったりなんかして...今年度受験生だった2学年先輩の方々の進学先もほぼ判明していたりして。。。 いろいろと思うこともあるわけでして。。。もう再来年の今頃にはうちの都立中高一貫校生の(1回目の)大学受験が終わっているわけなんですよね。[ふらふら]

本年度、うちの子が通う学校の卒業生(前年度以前の卒業生を含む)に関して、ある意味「ショッキング」な事象が観測されました。。。それはともかく、結局のところ、大学受験(というか、進学先の選択)に関しては "偏差値による輪切り" は通用しないということなのだと実感しているところであります。

ある分野の最高峰、と、受験偏差値における最難関はかならずしも一致しないんですよね。
さらに、場合によっては「学歴ロンダリング」とかいわれたりもするわけですが、"そこそこの大学" を経て大学受験において "国公立最難関" といわれる大学の 大学院 に進学することは "大学受験" とは全く異なる "要件" および "判断基準" が適用されるという事実も有ったりするわけでして…

そういったことを大学受験以前に知っているかどうか、というのもその後の進路に関係してくるのかもしれないなぁ、と思ったりするのでした。

な~んていうことはともかく、都立中高一貫校の今年度の ”難関校合格実績" の公式発表後(&某塾のチラシ発行後?)に、あらためて大学合格実績について思うことを書きたいと思っております m(_ _)m



大学受験ランキング


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

センター同日模試!! [都立高校生活]

[exclamation&question]年が明けて3週間過ぎてしまいました。早いですね[ふらふら] 都立中適性検査本番まで、もう二週間を切ったんですかね!? もうね、この時期に都立中受検について言及するのは憚られますよね。ということで、都立高1年生の近況を書きたいと思います。

先週末、センター試験でしたよね。で、うちの都立高1年生は連日「センター試験チャレンジ!」を受けに行っていました。昨年記事にした全国統一高校生テストもそうなんですけれども、理社を入れると高1生は当該年度受験生には全く歯が立たないので、うちの子は国数英のみの受験でしたけれども (^o^ゞ

う~ん、今年度は 数IIB の難易度が例年に比べて高かったようです(?)それはともかく、高1の頃から大学受験に対する自己の能力を試す機会が提供されているのはスゴいことですよね。少なくとも自分が大学受験した時代には考えられないことですよ。

っと、そんなことよりも、今年度、大学受験される同校生(先輩たち)の健闘を祈るばかりです。都立高校(中高一貫校に限らず)の名誉のために! (って、そんなことはどうでもいいですよね。各都立高生のご健闘をお祈りいたします[黒ハート]

願わくば、再来年度、うちの子が希望大学の希望する学部・学類, etc. にチャレンジ[exclamation&amp;question]する機会を得られますように!と、願うばかりでございます (_ _) (現状のセンター試験と "最初" の「共通テスト」が大きく変わらないことを祈りつつ_ (>_<)




大学受験ランキング

中高一貫教育ランキング



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の5件 | - 都立高校生活 ブログトップ