So-net無料ブログ作成
受検までのこと ブログトップ
前の5件 | -

頑張り過ぎてはいけない。 [受検までのこと]

めずらしく連日の更新です (^_^ゞ

昨日「夏休み@都立中受検生!」というタイトルで "塾で与えられた宿題をすべてこなすべきかどうかはよく考えた方がよい" というようなことを書きました。そしたら、今朝 PRESIDENT Online にこんな記事があがっていました。

夏休みに力を出し尽くす中学受験生は落ちる - それよりちゃんと寝ることが大事 -(←リンク)

この記事で書かれているのは "(御三家などの)難関校に強い塾" についてなので、都立中受検の某塾の場合にそのまま当てはまるわけではないと思いますが、二人の受検生の夏休みをみてきて「そうだよなぁ」と思うのです。夜遅くまで頑張る[exclamation] というのは絶対にダメだと思います。夏休みが終わったら学校行事がいっぱいの 2学期が待っているのです。夏に疲れ果ててしまったら 秋 を乗り切ることはできません。

さて、 昨日の記事では誤解を招くような(矛盾しているような)書き方でしたが、上の子について親が宿題の取捨選択をするようになったのは秋以降で、夏休み時点では "自分で" 適当にサボっていたのでした。親がしたことは「宿題が終わっていなかろうが決まった時間になったら就寝させる」ということだけでした。(ところで、その "適当にサボる" 能力は都立中に入ってからもいかんなく発揮していたようです (^_^;; そのおかげで "勉強" 嫌いにならずに学び続けられているようですヨ[わーい(嬉しい顔)]

一方の下の子は、サボることが苦手でして。宿題終わるまで絶対に寝ない!という。。。これは絶対よくないですよ。夏期講習の1クール目は塾での自習をせずに帰宅して自宅で宿題をやっていたのですが「これじゃぁ体がもたないよ」ということで2クール目からは「講習終了後、塾の自習室で 決まった時刻までに宿題を終わらせること。自宅では宿題をしない! 」というルールに変えました。終わらなそうなときは先生にどれをやるべきか聞け!と。(もちろん事前に親の方から先生には事情を説明しておきましたよ。)どうしても必要な時は朝起きてからなら自宅で宿題をしてもよいことにはしていましたが、実際に朝 宿題をすることはほとんどなかったです (^_^ゞ 毎日塾に8~10時間くらいいたわけで「さすがにこれだけ勉強してたら宿題全部できなくてもまぁいいか…」と思えるようになったのかもしれません。

って、こんなこと書いていいのかな? 塾の先生に怒られちゃう!? って思ったりもしますが、でもずっと前に過去問のノルマについても書いたことがありますが、宿題を "やっつける" ことにはあまり意味がないと思うのでどれだけ、どのように取り組むかは各受検生ごとによ~く考えるべきだと思います。

ところで、PRESIDENT Online の記事の最後に(以下引用)

実は、夏休みにこれほどまで頑張って勉強をしても、多くの子が秋の模試で成績を落とす。その理由は次回で詳しく述べるが、親はそれを想定内として捉えておいてほしい。だが、そこから正しいやり方で勉強を進めていけば、最後は伸びる。男の子の多くは年明けから本番までの1カ月でグングン伸びていく。その時期になると、さすがに小学生の子供も受験を“自分ごと”として捉えられるようになるからだ。その自ら頑張る時こそが、私は本当の「受験の天王山」だと思っている。


とあります。「男の子の多くは」となっていますが、あぁ上の子はちょうどそんな感じでしたかね。(模試の成績落ち過ぎでしたが。12月の志望校別模試 でD判定 [がく~(落胆した顔)]

その上の子は 大学受験 までもう1年半! って(親どもが)焦り始めていますが、小学生にとっての6か月弱 はまだまだ長いのだ、ということのようで。夏休みに消耗しすぎて秋以降に潰れてしまわないように少し冷静になって考えてみるとよいのかなぁ、と思います m(_ _)m



中学校受験ランキング

育児・小学校高学年ランキング


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

夏休み@都立中受検生! [受検までのこと]

え~っとですね、3月以降、現在都立高2年生の大学受験準備(都立中高一貫校および一部都立高の進学実績についてを含む)についてばかり書いていましたよね。。。(^_^ゞ

しか~し、タイトルは「夏期休暇の過ごし方」とか「夏期講習。」とか、都立中受検生にも当てはまるようなものになっていました。

そのせいかどうかわかりませんが(例年 8~9月は特に都立中受検生の保護者の方と思われるアクセスが多いので)、世間一般的に夏休みに入った頃から「都立中受検生の夏休みの過ごし方」を探してこられたのかなぁ、というアクセスが増えているようです [ふらふら]

このブログの題材となっている現都立高2年生が "受検生" だったのはもう5年前なので来年度受検される方にとって有益な情報は提供できない気がします。が、これまでに書いているとおりうちには「下の子」もいて、5年前~現在に至る間に もう一回 "受検生の夏休み" を経験していますので、その比較も含めて感じたこと、おもったことを書いてみたいと思います。

当ブログでは具体名は伏せていますが、都立中合格者数においてシェア#1 とされている某塾に二人ともお世話になったんですよね。(2人目の結果は現時点では非公開です。悪しからずm(_ _)m)

上の子の場合、ず~っと前に書いたのですが、夏休み時点では「塾にお任せ」でした。二人目の時にはさすがに上の子のときの反省もあって、親どもがある程度介入したのでした。これには ”きょうだい" といえども各自の個性があるのでそれ(個性の違い) による部分もあるのですが、さすがに親どもの「一人目のときの反省」による対応の違いもあるのでした。

と、いいつつ、家庭での対応は基本的には同じです。唯一違うのは「塾の宿題」への対応でした。具体的にどう対応したか以前に、上の子の時と下の子の時とで、塾の夏期講習の時間割が違ったんですよね。

上の子の時は夏期講習は午後からでした。でも、"弁当" をもって午前中から塾(自習室)には行ってました。宿題は、夏期講習からの帰宅後にとりあえずできるだけやり(確認してないので実態は不明)、残りがあれば夏期講習前(午前中)の自習時間にやる、という感じでした。(どれだけできていたかは未確認です。なにしろ "放任" でしたからね[ふらふら]
一方下の子の時は、夏期講習が午前から昼をはさんで、になってました。うむ、こちらの方が合理的だと思います。うちの子は 講習 が始まる時間よりもはやく登塾して自習、そして講習終了後に すべての宿題を終えて 帰ってきていました。(ときには夕飯時間もオーバーして…)

これは某塾の中でも校舎によって違うような気もしますが、基本的に「自習」が推奨されているんですよね。で、これも校舎によると思うのですが、自習がはかどる校舎と ぜんぜん進まない校舎、があるのだと思います。うちの子たちが通った校舎(延べ2校舎)についていうと、どちらも自習はしやすかったようです。(片方の校舎は一時期 ”荒れて" しまっていましたが。)

と、書いてきたところで、某塾の「宿題」について。これも以前書いた気がしますが、与えられた 宿題 をすべてこなすべきかどうか、はよく考えた方が良いと思います。実際、うちの場合、以前
[引用開始]
「うちの子は塾の 「宿題」 への取り組みがいい加減でした。それについて、「そういう子は一定数います。塾としても必ずしも全員が同じように宿題をやる必要があるとは考えていないので大目に見ています。が、"これだけは!" という内容があれば個別に声をかけて指導をするのでご家庭で無理に宿題をやらせるようなことはしないでください。そうすることにはハッキリいって効果はありません。」 と言われました。
[引用終了]
と書きましたが、塾としては「平均的な(?) 生徒」をターゲットとして "宿題" を出すわけで、それが 全ての (every) 生徒にとって有効なわけではないのです。だから、塾で「やれ!」と言われたことをすべて (all) こなすことが 都立中に合格すること につながるかどうかは、各受検生ごとに異なるのだと思います。で、その判断を 受検生保護者が できる (able to determine) ためにはそれなりの 過去問分析 と 我が子の特性の分析 が必要なのだと思います。

うちの場合、少なくとも上の子のときにはそれができていたのだと思います。(塾の先生方との個別のコミュニケーションの結果として) [8/5 追記: すみません、"できていた” のは秋以降についてです。夏休み時点では "放任" でしたので…] 下の子の場合については今は書きませんが、それでも言えることは「やっぱりプロと詳細に突っ込んで話をすることは大事だよね。」ということですかね。

もう 夏休みの 1/3 は過ぎてしまいましたが、これからでも遅くないと思います。もし、某塾(アルファベット小文字3文字)に通っている 2020年2月に都立中受検を目指している方は(「よしよし、このまま行けば余裕で合格でしょ!」という方を除いて)塾の担当者(学年/クラス担任、校舎長)と個別にお話しされることをお薦めします。きっと、相手方も喜んで応じてくれると思います。少なくとも(2人お世話になった中でうちは結構な「やっかいな客」だったと思いますが)我々は「疎ましく」思われたことはないと思っていますので。そこは 相手もプロなので 可能な限り利用した方がよいと思います。っていうか、すべきです。こちら側がそれなりの "考え" や "想い" を持っているのならば、相手はそれに応えないことは "理念" に反するはずですからね。。。

ともあれ、すべての受検生が有意義な夏休みを過ごされることを願います!



中学校受験ランキング

育児・小学校高学年ランキング



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

6年生の冬休みまで [受検までのこと]

前回更新からまたしてもだいぶ間があいてしまいました [ふらふら] 2019年の都立中適性検査まであと100日と少し…

さて、前回「ここからが頑張りどころ…」というタイトルにしたわけですが、この「頑張り」は "受検対策" を頑張る、ではなくて、どちらかというと小学校最終学年として小学校での活動を疎かにせずに頑張る、ということが念頭にあったんですね。そうしながらも "受検対策" も手を抜かずにできればそれが一番なのです。その意味では「踏ん張りどころ」という方が適切かもしれません。実際にはどうだったかというと、この時期(12月初めまで)"受検対策" はだいぶ疎かになってしまっていました。かろうじて日曜日の志望校別特訓も含めて 塾 には休まずに通っていましたが、家庭での学習はほとんどできていなかったです。
過去記事リンク: 「6年生 2学期の学校行事 と 受検対策」 「もう一度、6年生の2学期のこと。


都立中受検生にはいろいろな状況の方々がいて、例えば6年生になってから本格的に受検に取り組み始めたというような場合には、今こそ先行するライバルに追いつくために "頑張りどころ" という方もいると思います。その場合、学校のことよりも 受検対策 を優先するのも アリ だと思います。が、5年生から(某塾に通って)対策を進めてきて、夏の終わりまでにある程度のレベルに到達しているのであれあば、小学校最終学年としての活動(とくに準備・練習等に時間をとられる行事)への取り組みを犠牲にすることなく過ごして欲しいなぁ、と思います。そのことは、きっと都立中に入ってからも "自分を支える力" になると思っています。

ともあれ、来年2月に受検される方々が悔いのない秋を過ごされることを願います。



中学校受験ランキング

育児・小学校高学年ランキング


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ここからが頑張りどころ… [受検までのこと]

さて、9月が終わります。というわけで、一時期低迷していた当ブログへのアクセスがまたじわじわと増えてきました[わーい(嬉しい顔)]

う~ん、もう4年も前([exclamation×2] なんと… 昨日のことのように思い出されますが… (それは "二人目チャレンジをしている(?た?)せいもあると思いますが[ふらふら])のことなので参考になるかわかりませんが、ここから受検直前期までのことを整理してみたいと思います。本日は時間がないので近いうちに。。。m(_ _)m



中学校受験ランキング

育児・小学校高学年ランキング


タグ:受検 都立中
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

二人目の罠?(その2) [受検までのこと]

昨年一昨年は、都立中受検本番まで100日前後の時期に記事をかいていましたが、気が付いたら今年度の都立中適性検査本番まで3か月を切っていました。(^_^;)
我が家の経験からいうと 「ここから先はアッという間」 というよりは、「ここから先が長い。」 というか、「やるべきこと、できることはたくさんある!」 と思っています。 なにしろ、一昨年、昨年の記事にも書いた通り、その 「やるべきこと」 に気が付いて(塾に加えて)自宅で対策をし始めたのは12月になってからでしたから[あせあせ(飛び散る汗)]

来年2月に受検される方も 9月から1月まで毎月行われる某塾の模試の結果に一喜一憂することなく(どんな結果にも安心はせずあきらめもせず)、最後まで着実に進まれますように[exclamation]


と、いうことはさておき、今回もまた下の子の受検に向けた取り組みのなかで気が付いたことについて書いてみたいと思います。 「罠」 というのが適切かどうかわかりませんが、現都立中生との比較で 「ちょっと損しているかもなぁ。」 と思ってしまったことがあるのです。

#一つ目の 二人目の罠(?) はこちら ⇒ 「あれは "賭け" だったのか。。。?」(2017-09-16)

で、え~っとですね、うちの上の子、話すこと(内容、使う言葉) とか 知識 とかあと考え方も、多分 学年でいうと2~3学年くらい進んでいるようなのです。小学校の先生にも中学校の先生にも同じような指摘を受けました。といっても、それはいわゆる 精神年齢が高い、というのとは違うようで、実際に遊びや友人関係の面ではかなり "幼稚" な感じなのです。あと、受検対策の取り組みについても親が面倒をみる必要がありましたし。。。(^_^;;

なんでそうなったか、というと、(恥をさらすようですが)それはひとえに親どもの手抜きによるのです [たらーっ(汗)]

たとえば子供がある疑問をもって質問をしてきたとき。小学校低学年の頃から親は「子供むけの回答」をすることはなく、普通に大人の言葉で答えていました。それらは、例えば「社会」に関することだったり「自然科学」に関することだったり「工学」に関することだったり、はたまた「言語」に関することだったりするわけですが、決して子供でもわかる(しかしときにはちょっと本当ではなかったりする)説明をする、なんていう(めんどくさい)ことはせず、事実をそのまま、親どもにとって自然な言葉で話してきました。もちろん時には「○○って何?意味が分からない」 とか言われてしまうわけですが、そんな時は 「辞典で調べてみな。」 と。 (←ヒドイ[ふらふら]) さらに もっと詳しく、、、と言われた時には適当な(大人向けの)資料(インターネットのサイトを含む) や書籍 (手元になければ図書館で借りて、ある時は購入して) を 「読んでみな。」 と。(←←さらにヒドイ[がく~(落胆した顔)]) ときには、自分で "資料" を読むだけではまた "疑問" にぶち当たってしまうこともあるわけで、そんな時はある程度時間をかけて対話をして、あらためて「じゃぁ、△△についてはまた自分で調べてみな」 と突き放す…  などと書くと、親どもに考えがあってそんな対応をしていたように思われるかもしれませんが、そうではなくて最初に書いた通りただの手抜きなのです。(ですから、決してこのような対応をおススメするものではありません。m(_ _)m)

というわけで、その結果、彼がどうなったかというと、大人の文章 を読むことには慣れたし、ついでにそれをそのまま話すようになった(ときには書くこともあった)し、(子供向けに加減をしていない)知識もたくさん身に付けました。 これって、たぶん、きっと、適性検査受検にはとても有利だったのだと思います。(ハハ、今さら気が付いた。。。 (^_^ゞ)

さて、そんな家でそだった二人目(下の子)はどうかというと。。。?

世間一般でいわれているとおり、下の子 ってやっぱり要領がいいんですよね (^o^)
当然、親どもは 兄 のときと同じように対応するわけです。 そして下の子も自分なりに資料にあたる、と。 ですが、面倒になったとき、兄ちゃんにきいてしまうんですよ。そして、なぜか兄もよろこんでやさしく教えてくれる。多分、自分が同じようなことで試行錯誤して得た "考え方" や (その年齢なりの) "知識" をわかりやすく説明することができてしまう[exclamation×2](あと、優越感にも浸れる (^o^) ) で、その結果下の子は、上の子と比べて 「あ~でもない、こ~でもない、なんだこれ、わからん[爆弾]」 からの 「お~、そうだったのか[ひらめき]」 みたいな 試行錯誤&思考実験 みたいなことをあまりせずに、とりあえず自分の "知りたい・わかりたい" 欲求を満たされてしまうということになってしまっていることが多いのかなぁ、と思われます[もうやだ~(悲しい顔)] もちろん、興味の対象が 100% 一致しているわけではありませんから、兄の助けは借りられないこともあるのですが、そんな時でも ”探究" のレベルはそれほど深くまでいたらず、「まぁいいや」 で終わってしまっていることも多々あり…

いか~ん。 これは 適性検査受検にはかなり不利ではないか― [exclamation×2]と、思い当たってしまったのでした [バッド(下向き矢印)]

はぁ、そんなことを嘆いてもいまから取り返しはつかないし、兄にはなかった別の強みは持っている(と思っている)ので、それを活かして頑張っていくしかないよなぁ、と思っています (>_<)



小学校高学年ランキング

中学校受験ランキング


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の5件 | - 受検までのこと ブログトップ