So-net無料ブログ作成
検索選択

開設から2年。。。 [ブログ]

本ブログを開設してから ちょうど2年が経ちました。 その最初の記事にも書いた通り、『受検を決めるまで、受検準備期間中、入学後、いろいろと思うところがあり書き残して置きたい、と思い blog を開設』 したわけですが、振り返ってみると (ブログ・タイトルにあるとおり) 最初の定期テストを終えて 「なんとか真ん中辺りにはいるようだけど、この先どうなるのだろうか[exclamation&question]」 という 不安 が 開設 の一番大きな動機だったんだろうな、と思います。 とくに得意だったはずの算数なのに 数学 になったら 足を引っ張るのかい。。。という点が [ふらふら]

開設から1年たった昨年の今頃と比較して、当ブログへのアクセス数はおおよそ3割増しというところです。(記事数もほぼ同じように3割くらい増えているので、まぁ普通なのでしょうか…?) ただ、そのアクセス数は 当初の想定をはるかに超えています [がく~(落胆した顔)]

参照される記事には、あきらかに時期的な傾向があって、今の時期(3~7月) は新たに 都立または公立(あるいは私立) 中高一貫校に入学されたお子さんを持つ保護者の方が "他の生徒の実態" 的な情報を求めての検索から来られる方が多く、夏以降はそのような方と受検生保護者の方が半々くらい、そして年明けから2月は "受検の実態" に関する情報を求めて来られる方が多いのかなぁ、と思われます。

いずれにしても、当ブログを訪問してくださった方々にとって なんらかの形で有用であったらいいなぁ、と思いながら、これからも更新をしていきたいと考えております。

うちの子が通っている学校名は明記しない方針のため "都立中高一貫校生の実態" の中には書けないことも多々あり、かといってうちの中三生が受検生だったのはもう3年前なので具体的な受検対策等を書いても意味はなさそうだな、とも思いますが、"下の子" の 受検 に取り組む中であらたに気付いたことや考察したこと等、これからも書いていければなぁ、と思います。 (まぁ 自分のための記録用 にしかならない記事も多くなってしまうかもしれませんけれど…)

というわけで、今後とも よろしくお願いいたします。 m(_ _)m


中学校受験ランキング
中高一貫教育ランキング
大学受験ランキング


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

定期テストの結果 (3年生一回目) [中学校生活]

もうそろそろ書くのはやめようかな、と思っていましたが、今回の結果をみて、とりあえず中学生の間は記録として書き続けようかな、と思い直しました。

今回は主要5教科のみで、総合得点率でいうとこれまでで最高の結果となりました。これまでと得点分布が極端に変わったわけではないようですので、「頑張ったな。」 といいたいところでしたが、例の数学の苦手科目が… といっても1年生の二回目ほど悲惨な結果にはなっていませんが、"理系" を目指すものとしてこれはちょっとねぇ。

今までにも何度も書いているので繰り返し書くことはやめておきますが 「本当に、この(中三の)一年間、死ぬ気で努力して挽回しないと他の教科をいくら頑張っても意味がないのだよ」 ということを心に刻んで、日々の学習に取り組んで欲しいと思います。「結果振り返り票」 に決まり文句として書くだけでなく[exclamation×2]
2年後に "文科系" を選ぶことにならないように、あとは親どもはもう祈るばかり。。。(?)



中高一貫教育ランキング


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

はやくも受験体制。。。 [受検生と中高一貫校生]

中学三年生になってひと月半が過ぎて、三年生最初の定期テストが近づいてきました。

よく 中高一貫校生の 中二~中三の中弛み というのが話題になっていたりしますが、うちの都立中高一貫校生の場合、今学期に関しては"気合い"が入っているようです(^o^) 一年生の時に比べて二年生になったら定期テスト前の自宅学習時間が増えていましたが(でも都立中生の標準には足りていないようでしたが[ふらふら])、今回は さらに 机に向かっている時間が増えました。

以前にも書いた通り、二年生の3学期から 先生方のお話(生徒向け、保護者向けどちらも) が 大学受験 に向けたものになってきていまして、さらに 三年生になってすぐに 志望大学リスト を提出させられたそうなのです。 残念ながら 具体的なリスト内容は親どもには教えてくれませんでしたが、自宅から通える範囲の 国公立大学 を書いたようでした [わーい(嬉しい顔)]

先生たち、本気です。 一部では 特に成績上位の生徒に対する 難関国公立大学偏重の指導が問題になっていたりするようですが(当ブログ調べ…) うちの子はその対象にはなっていないですが (^o^ゞ このままでは "文転" を勧められかねないという事実に本人が気付いたようで、とくに数学を頑張る気になったようです。 ま、結果がついて来るかはわかりませんが。。。

なにはともあれ、もう親が何を言おうと 本人次第 であると思いますので、淡々と 声掛け はしつつも、そ~っと見守りたいと思います。



中学生ランキング


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:育児