So-net無料ブログ作成

100日を切る… [受検までのこと]

とうとう 来年度入学を目指す方々の 受検本番 まで 100日 を切った ということのようで。。。

たしかに昨年は 10/26 に 「都立中高一貫校の受検日まで、もうあと3か月と少し、、、というかちょうど 100日[exclamation&question]」 なんていうことを書いていました。 計算が合っているのか自信がありませんが (^ ^;; 2/3 まで あと 100日 以内 ということなのかと… (^_^[あせあせ(飛び散る汗)]  いやしかし、2年前の我が家は 100 日前 というのはあまり意識していなかったですね。 "3か月とちょっと" というのはどこかで意識していたかもしれませんが(?)、いやいや、12月に入って 「あと 2か月ちょっと…」 となるまではあまり気にしていなかったように思いますね、ひたすら日々を過ごすことに (とくに受検生本人が) いっぱいいっぱいだったので。。。 なんにせよ、どのみち "その日" はいつかやって来るわけで…

そんな中で本日 "都立中受験" + "成績下がる一方" という 検索 で 当ブログを訪問された方がいらっしゃいました。 はい、うちの子、過去記事に書いた通り 10月までの 合格判定模試 A判定から 12月の 志望校別では D判定 と、下がる一方だったんですよね。

いつ、どんなレベルから 下がりはじめるのか によるとは思いますが、下がる前のレベルが A 評価(あるいは成績上位 15 %内など)なのであれば、現時点で 「なぜそうなったのか」 を正しく分析・認識することができればこれから挽回のための対策を行うことは 十分可能 だと思います。 (なんて、うちの場合、そのような 対策が必要だと認識して 取り組み始めたのは今から ひと月半後、12月の 模試が終わってからだったのですけれども (^_^ゞ )

といいつつ、そんな場面で クリティカル なのは 本人がどれだけ 「志望校に行きたい[exclamation] と思っているか、なのではないかと思ったりはします。 親どもが 塾の知恵を借りたりして どんなに有効な 対策 を立案したとしても、それを 実行するのは 受検生本人であるわけですからね。 うちの子の場合、その 意思 は まったく揺らぐことはありませんでした。 加えて、天性の 楽観的な性分 (根拠のない自信 や 鈍感力) も幸いして、12月中旬からの 最後の追い込み で持ち直すことができたのでした。


某塾の うちの子が通っていた校舎 では 今月初旬から 過去問への取り組み が本格化していて、その "成果" が壁に張り出されていたりする様子が伝わっているのですが、う~ん、個人的には 今から焦る必要はまったくない と思います。 たしかに今のうちなら 提出した過去問答案など に対する 塾側の対応は手厚かったりするかもしれませんが (まだ全員が一度にたくさん提出したりしないので)、2年前のうちの子の経験からすると "過去問対策" は 時期 や 量 の勝負ではない と思いますので、各受検生 の状況に応じて じっくりと取り組むべきなのではないかなぁ、と思います。(というか、過去問への取り組み方は 各個人によって違うはず ですよね、本当は。 塾としては 一定の "ルール" で競わせるようにするのが "全体的な効果" としては一番大きかったりするのかもしれませんけれど。。。)

ともあれ、我が家としては 2年前 と同じような経験を 近い将来 にすることになるのか どうなのか[exclamation&question] というのが 一大事 だったりするのでした (苦笑)



中学校受験 ブログランキングへ



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児