So-net無料ブログ作成

参考書。(と、通学カバン) [入学後のこと]

"参考書" って、"死語" じゃないですよね[exclamation&question] (^_^ゞ

本日は、都立中に入学してからこれまでに "家庭の自由意志で" 購入した "参考書" の類のことを書いてみたいと思います。

我が家では、これまでに以下のものを購入しました。(購入時期順)

(1) チャート式 体系数学 I (2科目のうち 苦手な方のみ (^o^) )
(2) チャート式 体系数学 II (2科目ともに)
(3) 英検対策 教本(準2級)
(4) 英検二次試験 予想問題(3級)  (CD付)

- 以上 (合計 約6千円)

どうでしょうか。少ないですね。 (1) は 苦手克服のための夏休み特訓(一年生)のために親が勝手に購入(担任の先生のアドバイスを参考に)、(2) は本人の要望により購入(これはものすごい進歩[わーい(嬉しい顔)])、(3), (4) も本人希望により購入しました。( あれ? なんで (4) [exclamation&question] という疑問には 後日の記事でお答えする予定となっております (^_^ゞ)

実際には、これら以外に "学校に費用を徴収されて全員購入" なもの(某業者の実力テストなどを含む)や、学校からいくつかの選択肢を指定されて各自選択購入したもの(辞典類など)、さらには "試験範囲" に指定されているので(ほとんど聴講してないのに (^o^;;;)買わざるを得なかった ”NHKラジオ 基礎英語1&2" のテキストなどもあり、二年生までのそれらの総額はそれなりの金額(~5万円くらい!?)になってはいるのですが。。。

ポイントは、自分で アレコレ考えて 自主的に参考書の類 を購入して "勉強" しなくても 「そこそこのレベル」 の学力はつけてもらえる、ということです。(「そこそこのレベル」 とは、たとえばこの記事(「実力テスト」(5回目)」) に書いたようなレベル)

これは、地元公立中 に進学していた場合との大きな違いなのではないかと思っています。極端にいえば、何も考えずに学校の指導の通りに与えられた教材を使って学習していればよいのだ、ということで。(うちの子の場合、某苦手教科はそれではNGで上記 (1)(2) の追加が必要だったわけですが…[ふらふら]

というわけで、地元公立中の場合と比較して 「教材費」 の類として徴収される金額が多かったりはしますが、「それだけの価値は十分すぎるほどあります!」 と思うのでした [わーい(嬉しい顔)]


ところで、、、
今年都立中に入学される方々のいわゆる 「入学説明会」 はもう終わっているんでしょうかね。今週末のところもあるのかな、と思いましたが、少なくとも "併設型" の学校は今週末ではないですね。本日が 都立高校の入学者選抜学力検査ですから…  いずれにしても、最近 当ブログの "通学カバン" に関する記事の人気がまたじわじわと上がってきているようです (^_^ゞ

昨年のこの記事に書いたようにうちの子は "1~2泊の小屋泊まり山行くらいなら行けそうな" たぶん 40L超の容量のリュックを使っていたのですが、昨年の夏ごろに 偶々 入手した、わりとしっかりした作りで使い勝手のよさそうな "リュック" (容量30L 弱?)を与えたところ、最初は 定期テスト期間などの必要な持ち物が少ない日 にそれを使うようになり、最近では 普段から荷物の量に応じて 大・中 (小ではない(笑)) 二つのリュックを使いわけるようになりました[exclamation] いやぁ、これもものすごい "成長" です。カバンを使い分けられるようになる日が来るなんて[exclamation×2] 大げさではなく、小学生時代から 毎日 その日に不要なものも含めてやたらに大量の荷物を担いで学校との間を行き来していた子がついに! と、その成長を感慨深く感じております。 ま、相変わらず 学校からの連絡書類や テスト結果などはなかなか出てこなかったりはするんですけれど (^_^[あせあせ(飛び散る汗)]



育児・中学生 ブログランキングへ



nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。